雑食メロンコリー

すきなものを すきなぶんだけ めいっぱい

わたしは本当にジャニヲタに向いていない

 

坂本さん、OMSお疲れ様です!

…この後がどうしても書けない。目下、これが悩みなんです。「わたしは本当にジャニヲタに向いていない」

 

わたしにはもうずいぶん前のことに思えるのですが、前わたしは偉そうにこんなことを「自分のルールにしたよ!」とお話ししました。

atmg731.hatenablog.com

atmg731.hatenablog.com

これ、やっぱナシで。

 

わたしはジャニーズのどのグループのFCにも入っていなくて、去年まではずっと山に囲まれたド田舎に住んでいて、進学のために勉強に明け暮れていました。だから、そういった状況のもとで書かれた上の記事は、自分の想像で書いたものと言っても過言ではないものでした。*1

だけど、今回のOMSは当日券があったじゃないですか。ほんとうに、ほんとうに、ごくごくわずかな確率ではあるけれど、わたしにも坂本さんの、自担であるはずの人の、ソロ現場に行くチャンスがあったわけです。

 

でも、わたし、尻込みしてしまいました。

もし、当日券を手にいれられることになったらどうしよう。

 

わたしはもともと楽天家なので、当たった時のことを考えはじめます。はじめこそ、坂本さんをみられるんだ!あの人の歌が直接聞けるんだ!と思ってワクワクしていましたが、それはだんだんと形の違う感情になっていくのです。

「右も左も坂本さんかV6が好きな人でいっぱいって、怖い。」

「始まる前とは終わった後とか、まわりの人が怖い。」

「わたしはそこに行く資格なんてないんじゃないか。」

…ネガティブな楽天主義者なのです。

 

結局、わたしは当日券の電話をいちどもかけることなく、それでいてTwitter等で見かけるレポには「行きたかったな」といっちょまえに傷つく、というあやふやな立ち位置にいたわけです。

そして、この一週間は全くブイさんに関わりのあるものをみたり、聞いたりしていません。幸い、好きなものがたくさんあるわたしですから、高橋優くんの新情報解禁とか、長瀬くんのお忍びディズニーランドだとか、そういうものに元気をもらい、全く日常生活に支障はきたしていないのですが。

 

でも、ふとブイさんのことを考えると、悲しくてたまらないきもちになるんです。

行きたいのに、なんで行こうとすることができないんだろう。

まわりが怖くて、それで諦めるようなら、ほんとは好きじゃないんじゃないの。

わたし、ファンです!って言い切る資格がないんじゃないか。

 

ジャニヲタ病み期の突入です。

atmg731.hatenablog.com

 

つづく…と思う。

 

 

*1:V6さんのアニバコンはFCに入っていない以上無理と判断し、行くか行かないかという選択肢を自分に与えなかったんです。