雑食メロンコリー

すきなものを すきなぶんだけ めいっぱい

関ジャニ∞卒業式

 

関ジャニ∞の会というイベントのサブタイトル的なものがこんな感じで話題になったこともあった。でもこれはそのイベントの話ではないのだ。他でもない、わたしが関ジャニ∞から卒業するのである…

 

すこしドキュメンタリータッチな出だしにしてみました。前回の記事で軽く触れたのですが、関ジャニ∞を卒業したわたしのお話をさせてください。(正確には関ジャニ∞のファンを卒業したわたし、ですが。)親にも先生にも読まれない好きに書いた卒業文集みたいなものです。ご注意を。

 

わたしが関ジャニ∞のファンになることになったきっかけや経緯は過去の記事に記してあります。

atmg731.hatenablog.com

ここでわたしはエイトに望むこととして次のようなことを挙げていました。

これからもいろんな景色を見せてくれる ということです。

TOKIOやV6といった、エイトの倍近い年月を重ねてきたグループも一緒に応援しているわたしですが、“エイトがこれだけの年月を経たときにはどんな風になっているのだろう、どんな景色が、どんな色が、関ジャニ∞というグループから見えてくるんだろう”と思うことが最近多くあります。この気持ちはエイトにしか感じないんです。

 

いまでもこの気持ちは変わっていないんですが、結果としてわたしはエイトのファンではなくなったわけなんですね。その理由を、自分のことの考察大好き人間のわたしが考えてみます。

  

まず、現実としてわたしの生活におけるエイトの配分の変化を挙げてみます。

やらなくなったこと

  • 新曲を追いかけること
  • 雑誌を買うこと
  • 情報のチェック
  • わざわざ番組を見ること
  • 現場に行こうとすること

引き続きやっていること

  • クロニクル、関ジャムの視聴
  • すでに持っている音楽・映像の視聴
  • かっこいい/かわいいと騒ぐこと

これを見ると、自分が『気持ちは変わらないものの、時間と労力をだいぶ割かなくなった。』ということがわかったような気がします。

 

では、なぜわたしはこのような結果に至ったのか、わたしにはふたつの心あたりがあるのでひとつずつ挙げていきたいと思います。


前回の記事にも書きましたが、最近わたしは自分がエイトの現場に向いていないということに気づきました。そのことに気づいたと同時に、これまでもあったエイトとわたしの間にある距離みたいなものもはっきり気づいてしまって。

それは物理的なものかもしれないし、精神的なものかもしれないのですが、とにかくそのせいでなにかが切れてしまって、彼らの描く未来までの軌跡を一緒に見るだけのパワーが自分にはない、と思うようになったんです。

この気持ちはうすうす感じてはいたのですが、それを認めたら時間と労力を無理に割く必要はないな、という考えに繋がったんです。

これがひとつめ。


  • ちょっと無理だな、が積み重なる

ここで具体的になにが無理かをすべて書くと、それを読んで嫌な思いなどをされる方も多いように考えられるので、大きなものふたつだけ、さくっと書きます。

ひとつはこれまでの記事を読んでくださっている方はもうお分かりかもしれませんが、“わたしが分かり合えない、怖いと思ってしまうファン”の多さ。この得体の知れない恐怖心>応援したい気持ち になる時がついにきてしまった感じですね。

ふたつめはとてもわがままなものなんですが、わたしがビビっとくるシングルが出ないことです。わたしが見たいものとはなんだか違って、音楽番組を見ていても「やってるんだかやらされてるんがか知らないけど、またエイトが“関ジャニ∞”してるよ。」って冷めた感じで見てしまって、楽しめなくなっていた部分があったんです。*1

こういった類の無理だな、が積み重なってしまったのがふたつ。

 


結果

こういった気持ちの変化があって、最終的にわたしがエイトを嫌いになったかというとそうではありません。今でもエイトの将来の姿を楽しみにしているし、彼らにはいまよりもっともっとでっかくなって欲しいと思っています。でも、もうその思いを頭の外にだすだけの熱意は確実に失ってしまった。結構単純だし、わたしとしてはこんな言葉で片付けたくないという思いもありますが、「冷めた」んだと思います。

わたしにとってのジャニーズの入り口になってくれたのは確実に彼らだし、しっかり活動を追うようになってからの4年はたくさん彼らに助けてもらいました。これからは、ファンをいうかたちではないけれど、きっと「気になるアイツ*2」みたいな感じで気にしていくと思うし、わたしの生活の中にいるんだと思います。

これにて、関ジャニ∞卒業式を閉じます。起立、気をつけ、礼。

 

*1:ズッコケのイッパツ録りは話が別。まがお。あれすき。

*2:目障りではない。ブリュレもすき。