雑食メロンコリー

すきなものを すきなぶんだけ めいっぱい

ヲタ卒への階段2段目〜Mステの裏切り〜

 

前回の記事を1段目とするならば、もうかなりヲタ卒しているような気もしているんですが、今回が2段目。後で自分が読み返して楽しいように頻繁にヲタ卒日記をつけていこうと思っています。

 

atmg731.hatenablog.com

 

おとといのMステ。あれが私のヲタ卒を加速させてしまったように感じます。

なんでズッコケをバンド形式で、しかもめっちゃ楽しそうにやってしまうんだ。

なんで前回出演時よりきっちり演奏を仕上げて来るんだ。

 

ひとつ前の記事を書いているうちに、わたしがヲタ卒できそうだと考える理由は"ザ・ジャニーズを求める対象がいなくなりそうだから"だと気づいたわけですが。その対象だったのがエイトで、関ジャムのせいで(おかげで?)もともとエイトにやってほしかった"バリバリ音楽"への希望が強められてしまったと書きました。

それを書いた矢先にですよ!これまでファンとのコールアンドレスポンスの部分が大きな強みになっていた、いわばアイドル曲だった、ズッコケ男道をバンドで、しかもミュージックステーションでやられてしまったら!期待しまくっちゃうじゃないですか。

 

あのMステの内容、わたしのツボぴったりでした。

まず新曲についてですが、前回のは正直途中でリタイヤしちゃったんです。音楽を中途半端にかじっただけでバンド経験のないわたしがいうのは憚られますが、そんな演奏だった気がして。まあこれは本人たちもわかっていたはずで、そのせいか今回は改善されていたように感じられました。そこでまずやられた。

それからズッコケ!これ本当に最高でした。なんかエイトがフェスにいるのが見えたみたいで。まだ"安定の"って感じではなかったけど、これまでのズッコケよりわたしはこっちの方が好みです。ねえほんとこれまでのシングル全部バンドバージョンにしたアルバム出そうよ…

 

じつはわたし、前の記事を書いた後にカメラロールの整理をしたんです。結論をいうと、めちゃくちゃ減りました。500枚以上あったエイトの画像が12枚になりました…

 

これはまた確実に階段登りましたよ。

 

なんか、今までのアイドルを見ている感じとはちょっと違って、普通にアーティストを見ている気持ちで見ている気がしてたまらないんです。たとえるなら、KARAを見ていたのと同じ視線だったのが、高橋優さんを見ているのと同じ目線になったっていうか。

 

たぶんもうジャニヲタではないんです。エイトで言えばもうどんなビジュアルでも彼女がいてもちゃんと演奏してくれればいいって思っています。

 

…自分でもわかんなくなってきた